2017年11月14日

当帰芍薬散

秋も深まり、寒さを感じることが多くなりました。

漢方薬も体を温めるような処方を考える必要が出てきます。
冷えを感じやすい女性の方は尚更です。
その時に必須なのが当帰を主となる処方です。

まずは当帰芍薬散。婦人病には常に意識しています。冷え・貧血・めまいはもちろん腎臓病にも忘れてはいけません。
そして不妊症にもよく使いますが、妊娠中の養生としても服用をお勧めしています。

非常に応用範囲の広い処方です。漢方治療の基本となるものです。

*********************************************************
名古屋 池下 婦人病なら水野漢方薬局
posted by 水野漢方 at 16:14| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: