2018年02月27日

桃核承気湯

打撲の時の処置が大切なことは既に書きましたが、打撲による体の影響は至る所でおきます。

よくある例は、交通事故・・、そして転んだ拍子に頭を打つなど。
それがきっかけで病気が出てくることがあります。少しでも早く駆瘀血剤の服用が必要です。

一般的には桂枝茯苓丸を使うように言われています。が、まず桃核承気湯で下すことが優先です。
それで充分な場合もあるのですが、しっかりと瘀血が排泄できない場合に桂枝茯苓丸を長用します。

桃核承気湯は他に痛いや痒いなど症状の強い時に使うと効果があります。
そして上衝と言って上に突き上げて起こる症状、頭痛・めまい・高血圧・鼻血・・・などにも効果的です。

このように違う病気でも同じ漢方薬を上手く使いこなすことで病気を根本的に治癒することが出来るのです。

*********************************************************
名古屋 池下 漢方の水野漢方薬局

posted by 水野漢方 at 16:30| Comment(0) | 日記