2017年05月31日

学校薬剤師

先日の28日に学校薬剤師の講習会と総会がありました。

総会の後は恒例の食事会です。
JRゲートタワーのなかの中華料理でした。今回JRゲートタワーに初めて入りました。

DSC_0016.JPG

DSC_0018.JPG

DSC_0019.JPG

DSC_0021.JPG

DSC_0022 (2).JPG

質・量ともに充分な内容でした。
ランチでも予約対応していていただけるようです。他の勉強会でも利用できそうです。

*********************************************************
名古屋 池下 漢方の水野漢方薬局
posted by 水野漢方 at 09:58| Comment(0) | 日記

2017年05月22日

黄連解毒湯

ここ数日、急に暑くなりました。暑さにつれて汗をかくことが増えてきます。

かいた汗をうまく処理出来ないと、皮膚の痒みを感じる方がいます。こんな時は黄連解毒湯という薬があります。

皮膚の赤み痒みにも効きますが、肝の解毒を促すので食べ過ぎや二日酔いにもよく効きます。

元々煎じ薬ですが粉薬や丸薬もあります。とても苦いです。でも苦みが効くのです。

常備薬の一つとして手元にあるととても便利です。

*********************************************************
名古屋 池下 皮膚病のことなら水野漢方薬局

posted by 水野漢方 at 10:35| Comment(0) | 日記

2017年05月08日

小青竜湯

花粉症も一段落した時期となりましたが、漢方でなら体質改善することが出来ます。

漢方で花粉症を治療された方は直ぐには完治はしませんが、年々少しずつ楽になる方が殆どです。

花粉症などのアレルギーの治療で大切なのは、症状を抑えることではなく、花粉などのアレルゲンに対し敏感に反応しないようにすることです。

症状のひどい時だけでも漢方薬を服用しておけば、徐々に敏感にならないような体になります。

その時によく使うのが小青竜湯です。青竜とは中国でいう四神(東西南北の四方向を司る神獣のこと)の一つで東方神獣のことです。因みに大青竜湯という処方もありますが、両処方の意味合いはかなり違います。

漢方をうまく使えば、いろいろな治療に結果を出すことが出来ます。

*********************************************************
名古屋 池下 花粉症なら水野漢方薬局


posted by 水野漢方 at 10:59| Comment(0) | 日記