2016年11月30日

コンサート

昨日、ピアニストの佐藤和子さんとチェコ・フィルハーモニー・ゾリステンのコンサートがありました。


DSC_0076.JPG

いつもの宗次ホールにて行われました。
今回はモーツアルト・ショパン・シューマンの割と聞いたことのある曲の演奏でした。

DSC_0075.JPG

アンコールはドボルザークの有名な曲です。
よく聞く曲ですが、生の演奏で聞くのは初めてです。

DSC_0074.JPG

とても盛況なうちに終了しました。いつも通り優雅な気持ちにさせていただきました。

*********************************************************
名古屋 池下 漢方の水野漢方薬局
posted by 水野漢方 at 12:01| Comment(0) | 日記

2016年11月09日

傷寒論 2

傷寒論の始まりは、太陽病です。

DSC_0073.JPG

人はもともと四つ足で歩行して、その時太陽の日があたる処を太陽の部位と考えます。それは頭頂や後背部や背中を指します。

そこにおこる病変をまずは太陽病となります。それを治す方法が発汗です。

風邪はまずここから始まりますので、ここでうまく治せなかった場合は慢性病に移行してしまいます。
それが「風邪は万病のもと」という根拠です。

まずは風邪にならないこと、そして早く治すことが大切です。

*********************************************************
名古屋 池下 風邪にも漢方 水野漢方薬局
posted by 水野漢方 at 13:41| Comment(0) | 日記

2016年11月02日

傷寒論

漢方の原典といえるものに傷寒論があります。

2000年近く昔の書物であり、長い間多くの人に受け継がれたため手が加えられたり脱落したりしていますが、基本的な考えは変わっていません。そしてその考え方を継承しているのが日本漢方です。

実は中国の漢方は流れが変わってしまい、今は中医学という言い方をします。

漢方の原典である傷寒論ですが、多くの人が研究し勉強していますが、本当の理解をして治療に活用している人は少ないように思います。そのぐらい難解な書物なので、完璧に理解することよりも、本質的な考え方を身につけることがもっと大切です。

どれだけシンプルに捉えることが出来るのか・・・。治療でもそれが大事と言えます。

*********************************************************
名古屋 池下 日本漢方の水野漢方薬局

posted by 水野漢方 at 17:51| Comment(0) | 日記