2016年09月28日

漢方の治し方 吐・下

吐くことで病状を改善することはとても大事です。
ただ今では薬を使って吐かせることはほとんどしません。

でもお酒を飲み過ぎて、苦し紛れに嘔吐して、その後スッキリしたという経験の方もみえると思います。
薬局の治療の範囲ではあまり無いのですが、治療の大事な要素の一つです。

そして下すことは、とても重要です。
便秘の方はもちろんですが、普段便通のある方でもあえて下す場合があります。

あえて便通をつけることで、血液の滞りをとり、血行を良くします。
腸内環境を改善し、免役力をアップします。
下剤の入った漢方薬をうまく使うことで、劇的な効果・改善があることがあります。
漢方治療の本質的な部分でもあるのです。

*********************************************************
名古屋 池下 漢方健康相談なら水野漢方薬局
posted by 水野漢方 at 13:54| Comment(0) | 日記

2016年09月26日

漢方の治し方 発汗

漢方の治し方でまず行われるのが、発汗です。

風邪やインフルエンザの初期に汗をしっかりとかいたらスッキリ治ったという経験は誰もがあるのではないでしょうか。

それを薬を飲むことで促すのです。その時の処方が葛根湯です。
ですから葛根湯は、汗をかいてスッキリする症状に全て効きます。風邪の初期、肩こり、頭痛、発熱、皮膚病、・・・・などです。

まずは葛根湯をうまく用いることで、随分と楽に毎日を過ごせます。

*********************************************************
名古屋 池下 不妊・妊活のご相談は水野漢方薬局
posted by 水野漢方 at 15:42| Comment(0) | 日記

2016年09月24日

漢方の治し方

体内の毒をどのように体外に排除するのか。

漢方の原則としては、「発汗・吐・下・中和・温」の5種類です。
発汗とは所謂、汗をかくことで病気を治すことです。
吐とは、食道から胃に滞っているものを吐くことで病気を治すことです。
下とは、便通や生理をつけることで病気を治すことです。
中和とは、解毒を促し、毒素をお小水に導くことで病気を治すことです。
温とは、体を温めることで病気を治すことです。

それぞれ具体的な話を、追々ご紹介します。

*********************************************************
名古屋 池下 漢方専門薬局 水野漢方薬局
posted by 水野漢方 at 10:35| Comment(0) | 日記